豆知識

TIPS 豆知識

・今治市のごみの分別
今治市のごみの分別は、6種類に分かれています。
今治市のごみの分別
①燃やせるごみ
②燃やせないごみ
③粗大ごみ
④有害ごみ
⑤危険ごみ
⑥資源
今治市ごみ分別アプリ
今治市ごみ分別アプリ「さんあ~る」は、スマートフォンやタブレット端末で、ごみの分別方法などが簡単に検索可能なアプリです。
詳細は、今治市ごみ分別アプリ「さんあ~る」をご覧ください。

・今治市で出されるごみの量
今治市では1年間にどれくらいの量のごみが出ているのでしょう。
今治市で1年間に出るごみの量
平成28年度の実績では、約55,900t(トン)のごみが出されています。
1日あたりのごみの量は、約153t(トン)になります。1人1日あたりのごみの量は、約941g(グラム)になります。
1年間で出される量は、ごみ袋では約5,590,000袋分、塵芥車(パッカー車)では約27,950台分にもなります。ごみ袋を横一列に並べていくと、しまなみ海道(今治市から尾道市まで約60㎞)を61回も渡れる長さになります。

・リサイクルに関係するマーク
みなさんがリサイクルされた製品を使うことで、資源の節約になります。 また、きちんと分けて出した「資源」から、たくさんの製品ができています。 リサイクルできる製品とリサイクルされた材料からできた製品には、マークがついています。それぞれのマークを確認してみてください。
リサイクルできる製品についているマーク
  
アルミ缶
スチール缶
ペットボトル
リターナブルびん
プラスチック製容器包装
飲料用紙パック
紙製容器包装
ダンボール
リサイクルされた材料からできた製品についているマーク
マーク名称説明
エコマーク環境を守るために役立つ製品についています。
グリーンマークリサイクルした紙を使ってできた製品についています。
R(アール)マーク本などの印刷した製品についています。
(数字が100に近いほど、たくさんのリサイクルした紙が入っています。)
ペットボトルリサイクルマークペットボトルを再利用した製品についています。
パックマーク牛乳パックを利用した製品についています。
エコロジーボトルマークびんをリサイクルして作った新しいびんについています。